BOSE SoundTouch 520 取り付けてみて


Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tanweb/aotaro-sunsun.com/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 507

Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/tanweb/aotaro-sunsun.com/public_html/wp-content/plugins/amazonjs/amazonjs.php on line 507

かなり遅くなりましたが、BOSEのホームシアターシステムを我が家へ取り付けてみた感想を書いていきたいと思います。

音質

思った通り!というよりも思った以上かも。BOSEのFACTORYストアへ聴きにいったときは実際に聞きたい音楽や映画ではなく、想像は出来ますがあくまでも予想。実際に聞きたい音楽・映画を聴くと感動は半端ないです。アクションが好きな私はサブイボがとまりませんでした。飛行機が画面奥から自分の後ろを通っていくカンジや、画面の右上の奥あたりでの爆発音など、ピンポイントでの音源を確認できます。森の中を進んでいるときの主観でのカサカサ音などもすごいです。その他にも車のギアシフト時の「ズンッ」って音など、まだまだ楽しめそうです。

見た目

大満足。前回も記載しましたが、テレビ回りはスッキリさせたく、スピーカーは小さく。が一番の希望でした。シンプルかつパワフル。これ程セクシーなシステムはございません。その他のこだわりでも、テレビの淵はできるだけ無いモノで画面が宙に浮いているように。時計はアナログではなくデジタルに、そして見やすく、暗くても。だからってそこらの雑貨屋さんにあるようなヤワなガチャガチャしたデジタル時計はいりません。100点。すみません。自己満足の世界です。

取り付け位置

ウーファー

テレビの上に造作で大工さんにラックを造ってもらいました。子どもは手が届かないし、自分も妻も身長がそこそこあるほうなので上でもいいかなと。ウーファーのサイズを測って少し余裕をつけてもらいいました。(書類が挟まっていますが。)

サラウンドスピーカー

左後ろ。クーラーの真下。ほこりがたまりやすいかなぁと思いましたが、意外と大丈夫。

右後ろ。キッチン横(裏?)なかなか目立つ。

右後ろと左後ろで方向が違いますが、BOSEの独自システムのADAPTIQシステム。自動音場補正機能で、超簡単にその部屋・視聴ポイントに合わせてサラウンド環境を自動で補正します。ヘッドセットをつけて、リモコンでスタートするだけ。後は音声に従って場所を移動するだけ。移動と言っても、実際に見る場所1・2・3・4・・・など。ソファー、座椅子、立ち見。スピーカーも向きが中で変わるんだっけ。

視聴!

音楽をよく聞いてます。ウチはこのサウンドシステムの他にキッチンに天井埋め込み式スピーカーを設置していますが、音楽番組やPVを見ながら聞いています。低音もヤカマしくなく、ちょうどいい。心地よいくらいになってます。調整も出来るハズですが、未だしておりません。

あとは時間があればどんどん見ていきたいと思います!

Sponsor link
Sponsor link

因みに現在は販売中止で、代替品が発売されています。

BOSE SoundTouch520 5.1chホームシアターシステム購入

良かったら前回の記事もどうぞ↑

こんな安いのもあったんだ!!

ウチはこれです。

Error: Developers ID has not been set.

もっともっといいシアターリビングにしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です